オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

カラーベスト屋根とスレート屋根の違いとメンテナンス説明


カラーベスト屋根とスレート屋根の違いとメンテナンスの説明をしたいと思います。カラーベストとは屋根材メーカーが販売する「平型化粧スレート」の事です。
今現在定番となっている「スレート」という屋根材の事です。基本的に同じものです。
スレート屋根は、凄く強いセメントを固めた屋根でスマートフォンの厚さぐらいの平べったいセメントです。
築10~15年経過すると塗膜が劣化し、塗装が剥げ落ちて見た目が悪くなったり、コケが生えたり、屋根が傷んで雨漏りをしたりする事もありますのでメンテナンスが必要になります。
スレート屋根 施工前
スレート屋根(カラーベスト屋根)は、主成分であるセメント自体に防水性がなく、表面に塗料が塗られた状態ですので、築10~15年経過すると塗膜が劣化し塗装が剥げ落ちて見た目が悪くなったり、コケが生えたり、屋根が傷んで雨漏りをしたりする事もありますのでメンテナンスが必要になります。
スレート屋根 高圧洗浄
メンテナンスの作業を際、屋根を一度高圧洗浄でコケなど汚れをきれいにしてから作業を行います。
スレート屋根 
スレート屋根(カラーベスト屋根)は、屋根の色が豊富で24色以上あります。
とてもバリエイション豊かですが、主成分のセメント自体には防水性がなく、表面には塗料が塗られていますので、築年数が10年以上経ちますと色が褪せてきますので屋根塗装をお勧めいたします。
但し、塗装をしても強度が上がるわけではありませんが、美観保持のためにお勧め致します。




スレート屋根
スレート屋根(カラーベスト屋根)を取り換える工事方法は、「カバー工法(重ね葺き)」と「葺き替え」があります。
葺き替えは、既存の屋根材を撤去してから新しい屋根材を設置します。
雨漏りの原因にもなる劣化した野地板も確認・補修できるので、一度この工事をすると今までと同じ期間問題なく過ごすことが出来ます。


カバー工法(重ね葺き)は、今の屋根を残し、その上に新品の屋根材を設置します。
野地板が傷んでたり、屋根に凹凸がある場合は、カバー工法(重ね葺き)をすることができません。
カバー工法(重ね葺き)が出来る条件であれば、葺き替えよりも廃材が出ませんので、廃材撤去費用が掛からない分工事費用が抑えられます。




屋根のメンテナンスの事でご相談がある方は、街の屋根や 彦根店の方にお問い合わせください。
お待ちしております。





 

 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら彦根店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0800-200-0336