オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

防水工事で多く使用されるウレタン防水の中の密着工法紹介!


常に紫外線や雨水、雪にさらされているベランダや屋上の防水効果がなくなると、建物に雨水が侵入してしまい雨漏れが起こってしまします。そうなる前に防水工事を行いましょう!
ウレタン防水は大きく分けて3種類ありますが、その中でも良く使用される「ウレタン防水密着工法」、「ウレタン防水通気緩衝工法」をご紹介します!
今回は、ウレタン防水密着工法をご紹介します。

防水工事の種類や価格についてはこちら!

ウレタン防水は、大きく分けて3種類あります。
ウレタン防水密着工法ウレタン防水通気緩衝工法ウレタン防水絶縁機械固定工法の3つがあります。


ウレタン防水工事下地処理(ケレン作業)
ウレタン防水工事の全て最初に下地処理を行います。

はき掃除を行い、ごみ等を取り除きます。
その後ケレン作業で汚れや凹凸を無くすために表面を磨いて表面を滑らかにします。

この工程は、新しく流す防水の密着性を高め、ムラがなく塗料を塗ることが出来て仕上がりもきれいです。

ケレン作業は、防水の持ちにも影響する為とても重要です!!

ウレタン防水工事下地処理(割れ補修)
クラック(ひび割れ)等があった場合は、コーキング剤で埋めて補修しておきます。
ウレタン防水工事プライマー
まず、プライマーを塗布します。
ウレタン防水工事のガラスクロス(メッシュ)
プライマーを塗布した後、ガラスシート(メッシュシート)を張ります。
※予算等により、ガラスシート(メッシュシート)を張らない場合があります。

ガラスシート(メッシュシート)を張った方が持ちは良くなります。
ウレタン防水工事のトップコート(2回目)
その後、ウレタンの塗料を2回塗っていきます。
ウレタン防水工事完成
最後にトップコートを塗って完成になります!!


屋根だけでなく、防水工事を考えている方!
雨漏りになる前に施工をお勧めします。施工が必要か確認して欲しい!等のご相談もお受けしますので、お気軽に「街の屋根やさん 彦根店」お問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら彦根店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0800-200-0336